Kyoto University
International
Law Students
Society

ホーム会員紹介模擬裁判年間予定大会成績会期報告掲示板リンク

国際法学研究会について

◎顧問より一言
京都大学大学院法学研究科教授
京都大学国際法学研究会 顧問
M本 正太郎

人が人と何らかの関わりを持つ場合、紛争はいつか生じる。国と国とも同様である。その場合、いかにして殴り合いせずにもめごとを収めるか、人類は悩み 抜 いてきた。その試行錯誤の現状が、国際法である。自分と他人とは根本的なところで違い、理解し合うことはない。しかし、それでもなお相互に対話し、とりあえず納得すること はできるのではないか。国際法は、そのための対話の言語とな ろうとする。
国際法は、LinuxやFirefoxのような、オープンソース型ソフトウェアである。 それを少しでも高機能で使いやすいものするために、様々な人々が世界中で共同作業に日々いそしんでいる。模擬裁判に参加することは、その世界大のネット ワークに参加することに他ならない。模擬裁判を通じて、世界中の人々と対話し 議論する経験を得ることはもちろん、世界で使われるシステム開発・改良のために力を注いでみるのも一興ではなかろうか。

◎会長挨拶
      ただいま更新中です。

会員他己紹介

Menu 1回生 2回生 3回生 4回生

国法研現会員同士で他己紹介を書いてもらいました。
それぞれの個性の側面が現れているようです。
まだまだ隠された側面がきっとあるはず・・・。

※イニシャルは姓・名の順になっています。

- 1回生 -

Top

- 2回生(34期) -

☆H・S:大阪星光学院高校

背が高く、クールに見える彼の名はH・S。彼の紹介のネタを求めて名簿を見るも、必要最低限の情報以外なく、途方にくれた。彼について知っている情報は花火が苦手ということくらいだ。(詳しくは本人に聞こう!)


☆I・H:立命館高校

とても真面目でいい子である。専門は最前列で真剣にノートを取っており、復習も欠かさない。クイズ研究会と兼サーしていて専用のアプリで日々努力を重ねている。頭の中は百科事典であろう。実は笑いのツボは浅く、笑いだしたら止まらないのでなかなか面白い。


☆K・T:名古屋市立向陽高校

人道法に打ち込み模擬裁判に熱意を持つ彼の特徴といえば、連絡の返信の遅さが第一に上がるかもしれない。これには、同回生だけではなく、多くの上回生も頭を悩ませたらしい。゛もしもし、亀よ、亀さんよ〜。どうしてそんなに遅いのか〜。″


☆K・Y:滋賀県立彦根東高校

ご先祖様が鉄砲鍛冶っぽい苗字をもつ彼はその厳めしい名前とは裏腹に、優しい言動をとることが多い。時には自らが主催した会合の存在を忘れて寝坊するというお茶目な一面も、尚、彼は熊野寮住まいであるが、危険思想の持ち主ではないので安心なされよ。


☆N・N

博多弁と関西弁のハイブリッドを使いこなす元バレエダンサー。様々なことに対して非常にまじめなイメージが強い一方で、筆者に対して「元気かい?」と唐突なLINEが送られてくるという不思議エピソードも存在している。


☆N・Y:清風高校(大阪)

シティーボーイ。普段しゃべっているだけで、さながら弁論のよう。ましてや、酒が入るともはや怪獣である。そして、女の子が大好き。いつもポーカーフェイスできめている彼だが、じつは変なことしか考えていないのかもしれない。


☆N・Y:ノートルダム清心高校

魅力的な美貌を持ち、癒し系である彼女。巧みな英語力を生かし、2018年度Jessup国内大会では原告1位を勝ち取った実力者である。充実した国法研ライフを送る一方、私生活の方も充実している模様。今後の国法研を引っ張っていく存在となるであろう。


☆M・K:清風高校(大阪)

漫画とアコギを趣味とする、近寄り難くないくらいの程よい明るさの陽キャ。色々読み方が考えられそうな名前だが、正解はどストレートに両方音読み。


☆M・T:広島市立安古市高校

彼を一言で表すと「ミステリアス」以外の言葉が見つからない。ハロウィンの日にライダーベルトを巻いて来る彼の心は正義に燃えているのであろう。その熱い心で模擬裁判に臨む姿勢には感服してしまう。将来はきっと電王あたりになっているだろう。


☆O・K:広島学院高校

高校登山部でインターハイ4位の実績を持つ彼は、辛抱強く判例に向き合う努力家。寡黙で彫りの深い外見から、「びりー」という別名も納得だが、その由来を知る者はおらず、本人曰く「何となく」だという。酔うと少し陽気になってよく笑って喋ってくれる。


☆Y・K:洛星高校

34期の象徴的存在。威厳のある京都人である。宇宙法模擬裁判での原告1位という実績からも示されるように、その威厳たるやなかなかのもので柔らかい物腰とは裏腹に彼の言葉には説得力がある。彼の魅力にまち中みんなとりこである。


Top

- 3回生(33期) -

☆H・M:大分県立別府鶴見丘高校/ミニモギ係、コンパ係、掃除係

経済学部生で法サ連という珍しい穎才。その珍しさたるや、日本茶を入れて茶柱が3本立つようなものである。吉田寮住人である。茶柱が5本立った。大分県出身。郷土料理「やせうま」が美味しいらしい。食べたい。的確な映画批評で知られる。弁論精神が反映されている。やせうま食べたい。いや、ホントに。どんな食感なんだろ。


☆K・K:広島大学附属高校/ミニモギ係、コンパ係

k氏は広島出身で33期一包容力の高い男子である。彼の何事にも気軽に答えてくれる優しさとその柔らかい声に癒された方は多いはず。困った時には彼と話せば不思議と元気になるものだ。後輩にも非常に接しやすい先輩となることは間違いない。


☆K・K:東海高校/合宿係、勉強会係

煽るのが大好き。いつもお菓子をもっている。美味しいハーゲンダッツをたべているらしい。


☆K・S:Quince Orchard High School, Gaithersburg, Maryland, USA/勉強会係

丸い顔の帰国子女かつ33期のエース。実はバーベル部にも入っていたりする。英語は堪能だが、日本語になると不思議な言葉遣いになるのも彼の魅力。いつもにこにこして周りを癒してくれている、はず。


☆M・S:神戸海星女子学院高校/副会長、web係

国法研のギャップ萌えとは彼女のことである。お嬢様然とした佇まいだが、独特なテンポで意外と喋る。なんだかクセになる。こういう意外性こそが彼女の魅力の一つである。そういえば、ばっさり切った新しい髪型が一番似合っていると思われる。


☆M・T:大阪教育大学附属高等学校池田校舎/マネージャー

神戸の実家からはるばる2時間かけて京大へ通うことに誇りを持っている...はずだったが最近大学の近くへ引っ越したようだ。同期YSに「お父さん感」を指摘されるように落ち着きがある。それゆえ一見寡黙な印象を与えがちだが、実は割と喋ってくれるというツンデレな奴(?)である。


☆N・R:新潟県立高田高校/マネージャー、合宿係

吉田寮生。基本的には爽やかな高身長イケメンボーイ、まさしく<ウェイ>ですが、たまに意味不明な言動を取ることも。また、彼の節約生活には、ただただ感嘆するばかりです。我々が資本主義にいかに搾取されているのか、生活費をどこまで切り詰めるべきかー彼との交流を通じてあなたも感化されることでしょう。


☆S・Y:兵庫県立神戸高校/副会長、勉強会係

超がつくほど真面目で、勉強熱心。いつも優しく気遣いもできて、その見た目は可愛くて華奢ですが、内に秘めたる国際法へのパッションは誰より熱い人。その妥協しない姿には常々尊敬の念を覚えています。弁論姿はとても知的で格好いいですよ!


☆T・T:大阪教育大学附属高等学校池田校舎/会計係、ミニモギ係

Japan cupに出場し、ミニ模擬では書面弁論両方で1位を勝ち取った実力者。一方サークルを3つ掛け持ちする国法研有数のウェイでもある。NFでは責任者として出店を支えた。図々しい言動と人遣いの荒さに定評があるが、根はいい人(多分)。話してみると面白い。


☆U・A:清風高校(大阪)/会長

権威を疑い、権力を批判する。法学部生のあるべき姿だ。だがペンを手にあるいは弁舌によってこの理想を目指す多くの学生達を彼は嗤う。「酒の中に真理あり」ローマの格言を引く彼の千鳥足の前に立ちはだかるものなど何もない。

Top

- 4回生(32期) -

☆A・Y:兵庫県立神戸高校

非常に真面目&優秀で、かつ懐の深い方。32期のマネージャーとしてテキパキと仕事をこなす彼女には本当に多くの会員が助けられた。そんな彼女はプライベートでは大の宝塚ファンという一面をもつ。話すときのテンポが良くて面白いので、お酒を片手にいろいろと話してみると良いと思う。


☆K・M:UWC Adriatic、京都府立洛北高校

国法研の32期の会長です。遅刻魔でありますが、そのかわいらしい瞳で見つめられ、にっこりと微笑まれると私なら許しちゃう、まさに、一笑千金の美女ですね。副会長さんは許してくれないようです。自由人とも、ゆるふわ系女子とも、ミステリアス系女子ともいわれているようですが、模擬裁判への熱い思いはそこはかとなく、イタリアで培った英語力と持ち前の頭脳で国法研を引っ張っていってくれています。生活リズムがおかしいようです。いったいいつ寝てるの??いつまでリサーチやってるの??ときどき心配になりますが、かなりタフなんで大丈夫なんでしょう。要注意。


☆K・M:就実高校

彼女を表すとしたら、そう、天使、この二文字に尽きるであろう。愛くるしい笑顔に、巧みな筝さばき、そして、弁論者を凌駕する立論。彼女の、いみわかんな〜い、の一言の前に、逆らえる者などいるよしもない。ららら〜らららら〜役に立たない男共め〜ららら〜ららららwwww


☆M・A:奈良県立奈良高校

国法研のマスコット。見た目とは裏腹にたまに爆弾という武力行使に踏み切る。


☆M・G:桐朋高校

将来の夢はパン屋さん。彼の部屋に行くといつも小麦粉に水を混ぜて異様な練り物を捻出している。正直、慣れるまでに5回ぐらい引いた。国際法ってつまりメロンパンなんだと意味不明なアナロジーを展開する。将来ラーメン屋になるつもりの筆者にとっては、国際法は麺とスープにしか見えないが。人間って奥が深い、と彼を見ていて思う。


☆N・H:甲陽学院高校

神戸からやってきた、おしゃれな男の子。交友関係も広く、フレンドリーな彼の専門は宇宙法で、国内大会では全国二位の実力者。唯一の弱点は酒によわいところだろうか。同期の♀Kと仲が良く、さながらおしどり夫婦のようである。


☆N・R:愛知県立旭丘高校

国法研32期のお父さん的なポジションの苦労人さん。
会長もよくサポートしてはるし、後輩の面倒見もよくてなるべくして副会長になったなというのが正直な感想です!!
この人がいないと正直運営が回らないのでこれからもよろしくお願いしますm(_ _)m


☆N・S:岡山県立岡山朝日高校

模擬裁判に対する熱意とリサーチの幅広さは誰にも負けない、勢いのある人。いつも若干前のめりでそわそわしてる。入学当初は日本語もおぼつかなかったが、最近は少し意思疎通ができるような気がする。同棲中の部屋に新しい女を呼び、それを元ざやに見せつけようとする鬼畜っぷり。


☆O・A:岡山県立津山高校

国法研における後輩指導に対する真面目さとハリーポッター愛がすごい、借りぐらしのお姉さん。夢見がちな無職。稀に嬉しそうにきゅうりを持っているのは、たぶん魔法の杖にならないか考えているのか。20歳を超えても彼女にかかった魔法は解けないようだ。


☆S・A:昭和学院秀英高校

雰囲気も(たぶん)性格も穏やかな人。言葉のチョイスが独特で面白いのですが、意図を測りかねることもままあるのは私だけでしょうか。時々理解の範疇を超えた行動に出ます。そこが彼の魅力なのかも知れませんが。


☆W・T:愛知県立一宮高校

名古屋からやってきた32期のダークホース。ぱっと見少し怖そうだが、根はメルヘン思考な良い奴である。論証に悩むと兼部している気球サークルのフライトに行き、上空2000フィートで国際法について熟考しているもよう。そのため論証も壮大なものかと思いきや、意外と手堅いところを攻めてくるのが可愛いところ。たまにレスポンスが遅く、「おはよう」と声をかけると「よっ」と言ってもらえるまで4秒くらいかかる。一昔前のパソコンみたいなやつである。

Top

 


 


 

 


写真館

2011 年度以後
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2002年度
2000年度
1999年度




管理人:松岡芹佳
(33期 3回生)
mail


inserted by FC2 system